ブログトップ


手帳セラピスト
さとうめぐみ

暦に親しみ、自然と時間に調和していくまったく新しい手帳術「手帳セラピー」を広めるべく活動中。詳細はこちら

【重要】手帳セラピーに関するブログでの質問につきまして


オフィシャルサイト

メルマガ

GRANESSコラボグッズ

オフィシャルサイトお問い合わせページへ

New!幸せな人がこっそりやっている手帳の書き方
 
幸せおとりよせ手帳2017
 
1年で100個の願いを叶える
 
たった1行ですべてが叶う 手帳の魔法(文庫版)
 
幸せおとりよせ手帳2016
 

カテゴリ:着物( 91 )

「いつかは自分で浴衣や着物をさっと着られるようになりたい053.gif」         
と思いつつも、
「呉服屋さんは敷居が高いし、着付け教室もちょっと怖そう…057.gif」 
という初心者さん向けの楽しいお茶会です。

 さとうめぐみのコレクションを実際に手に取りながら、
憧れの浴衣や着物に一歩近づく時間を過ごしませんか?
f0164842_15242971.jpg

【申し込み専用アドレス】  info☆utosa.net(☆を@に変えて送信してください)

※手帳ワークショップとのお申込み先とは異なりますのでご注意ください。

  
□浴衣・着物に興味があるけれど、何からそろえたらいいかわからない

□実家の箪笥に眠っている着物や着付け用具を活用できるのか知りたい
□自分にぴったりの着物コーディネートの予算を知りたい
□素敵なアンティーク着物・手軽なリサイクル着物のことをもっと知りたい


などなど、参加者のみなさんの疑問・質問にお応えします。

麗らかな春の一日、美味しいお菓子067.gifとお茶063.gifを味わいながら、着物トークを楽しみましょう!

【日時】 4月16日(土) 13時~15時  
     ※お茶会後も16時まで試着や撮影会、ご相談OK

【料金】 3500円 (お茶と季節のお菓子がつきます)
     ※当日会場でお支払いください。
     ※ご友人同士の参加の場合、それぞれ500円分割引いたします。

【場所】 東京・渋谷の隠れ家サロン (最寄駅 幡ヶ谷駅)
      ※詳細・地図はお申込みの方にお伝えします。

【持ち物】   基本的には不要。
      ※実際に相談したいものがある場合は実物をお持ちください。

【服装】    普段着でOK。着物姿での来場も歓迎します。

☆当日のお楽しみ☆

072.gif試着用の着物…S・M・L各サイズ アンティーク・リサイクル・プレタ各種
072.gif試着用ウイッグ…ショートから姫ロングまで
072.gif着物雑誌(イメージング用)…たくさん

など、浴衣・着物体験セットをご用意しますので、気軽に試着を楽しむ気持ちで遊びにおいでください!

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2016-04-16 00:00 | 着物 | Trackback | Comments(0)
梅雨まっただ中でじめじめした日が続きますね~。
雨の日でもおしゃれは着物でも同じ。

でも、着物用の雨コートって茶道やってます、着付け教室の先生やってますって感じの落ち着いたものばかり。
あこがれは京都の舞妓さんの雨コート。
f0164842_1225769.jpg


この黒繻子(しゅす)の掛け襟がぐっとくるんですよ~(本当は首にぬった白粉から着物を守る役目)

でも、舞妓さんの着物は基本的にお引きずりにだらりの帯だから、ボリュームたっぷり。上の写真も着姿がもこもこ。
舞妓さんならそれもかわいいのだけれど、普通の着物の着方の命は
裾つぼまり
そこで舞妓さんの雨コートを参考に自分でデザインして京都の悉皆屋(しっかいや きものなんでも相談屋)に相談して、オリジナルの雨コートを仕立ててもらいました。
f0164842_122559.jpg

072.gif反物…東レシルック地(リサイクルの新品) 2000円
072.gif黒い繻子襟…お祭り専門店で発見 700円
072.gif仕立て代…14000円くらい(送料込み)
※防水・撥水加工をすると6000円くらいプラスされてしまうし、自宅で手洗いできるシルックという生地にしたので、自分で防水スプレー(高品質)をすることで節約しました。

というわけで、合計16700円というリーズナブルな金額で完成しました!
市販品の雨コートでも20000円くらいするので、これは破格!!

しか~し、じつはここまでにかかった年月は3年…。
反物の入手は「欲しいものリスト」で簡単に安くゲット、デザインはすらすら思い浮かんでも、悉皆屋さんに連絡をとって発注するまでの気力と時間が整うまでが長かった…
「好きなことなのに、なかなか形にできない」
みなさんもそういうこと、ありませんか?

一念発起した理由は
年齢(笑)
さすがにあまりに年齢がいっちゃうとイタいかなとおもって、気力を振り絞りました。
(とはいえ、41歳ですけど~)
お気に入りの一枚ができて、雨の日のワークショップも着物でGO!
f0164842_122565.jpg

ワークショップ後、奇跡的に開いていた大井町の喫茶店でゆっくりコーヒーを飲んで、満足2倍の雨の日でした~

明日につづく

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2014-06-24 11:56 | 着物 | Trackback | Comments(0)
先日仕事の合間に、弥生美術館での着物の展示のご報告に銀座灯屋2に行ってきました!

店長の葉子さんと記念撮影。
f0164842_23382225.jpg

葉子さんは織の着物(紬)にアジアの布の帯、わたしは錦紗縮緬の単衣に秋草が刺繍してある単衣帯です。
お互いの趣味がもろに出ているのですが、着物好きの好奇心でお互いに相手の着ているものがうらやましく
「取り替えっこして着てみたいね」
と大爆笑のワンシーンです。

葉子さんとはもう10年以上のおつきあい。布の味わいや世界各地の布と着物の素敵な関係を教えてもらってきました。
おりしも会場は秋の催事中。灯屋の工房で手塩にかけて新しい命を吹き込まれた帯や着物がたくさんならんでいました。

ここにならぶ品物を見ていると、
「40代になったら…50代になったら…60代になったらこういう装いをしよう!」
と、イメージが広がって歳を重ねていくことが楽しみになります。
30代ではまだまだ着こなせない着物や帯がたくさんあるんです!

わずか30分ほどだったけれど立ち寄れたおかげでとてもリラックスできて、次の仕事もうまくいきました。
まさにパワースポットです。

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-10-16 23:36 | 着物 | Trackback | Comments(0)
昨日浴衣で経堂に出掛けたら、ちょうどお祭りでした。
f0164842_1194789.jpg

浴衣といえば6月に大好評だった
浴衣講座
みなさんからのリクエストに応えて
「浴衣スタイリング講座」
を追加開講いたします。

着付け以外の
「なんでも相談室」
お気軽にご参加ください!

急遽追加開講決定!

「浴衣スタイリング講座」
【日時】
7月22日(日)14時〜15時 

【場所】
シェア&レンタルサロンプレアデス(浜松町駅・大門駅最寄り)

【受講料】
3000円(秘密のプレゼントつき)

【講師】
さとうめぐみ(着物コンシェルジュ・手帳セラピスト)

【内容】 
今年こそは素敵な浴衣で夏を楽しみたい!
そうはいっても、

●コーディネートに自信がない…

●家の箪笥にあった着付け道具、どう使うかわからない。

●去年以前の浴衣に新たに何を買い足せば、今年っぽく装える?

●補正なしで涼しく着られる魔法の下着とは?

などなど、悩める浴衣女子のための講座です。

スタイリング(手持ちの浴衣をセンスアップするワンポイントアドバイスや、お得なお店情報、お手入れの仕方など
気付けの前に知っておきたい情報をレクチャーします。

なにより呉服屋さん・着物教室と違い、商品の販売を目的としていないので、
安心して受講していただけます。

さとうめぐみの着物コレクションを実際にご覧いただく機会をお見逃しなく!

【申し込み先】

シェア&レンタルサロンプレアデス受付URL
http://ameblo.jp/p-esthe/entry-11262660067.html

スタイリング講座(Dコース)参加希望と明記してください。

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-07-16 11:06 | 着物 | Trackback | Comments(0)
今日は二十四節気の9番目の節気・芒種(ぼうしゅ)のアンティーク着物コーディネートをご紹介します。
f0164842_19174974.jpg

芒種はノギ偏の植物の種を植えるのにふさわしい日だとされています。
また日本では苧麻・韓国では「オクサ」(からむし)と呼ばれる麻の種を植えるのもこの日を目安にしています。

芒種を過ぎると雨が多く降るようになるので植物がぐんぐん伸びるのに最適な日なのでしょう。麻はあっという間に育つのですぐに糸がとれ、夏にはもう着物としてきられるようになります。

赤ちゃんの着物の柄に「麻の葉」模様が多いのは、まっすぐすくすく育って欲しいという願いを込めてなのだそうです。
f0164842_19195925.jpg

雨に濡れた緑が美しいのもちょうどこのころ。
今回はワクワクの緑色の着物をセレクト、たんぽぽやスミレが描かれている着物です。立夏を過ぎると裏のない単(ひとえ)を着られるのが本当にうれしいです。裏地のついていない着物は本当に軽い!
f0164842_19203843.jpg

そして6月といえば「さくらんぼ」の時期ですね。さくらんぼは別名桜桃(おうとう)。
桜桃が実る6月13日に玉川上水に身を投げて亡くなった作家・太宰治の作品に「桜桃」という小説があります。

夫婦喧嘩から火宅を飛び出した父は、逃げ込むように訪ねた若い愛人の家でふるまわれた珊瑚のような桜桃を目の前にし、よりいっそう不機嫌になる。
本当は美味しいはずの桜桃の種を不味そうに吐き出しながら「子供より、親が大事と思いたい」という父親の独白は、いわゆる普通の幸せな「家族」を維持し「父」を演じることへの苦悩からもれた深いひと言。人間の心の奥にある闇の襞を感じさせる言葉です。 
f0164842_19274374.jpg

帯留には、なぜか子どもがみんな大好きな蝸牛のブローチをもってきました。ぐるぐる~
f0164842_1932594.jpg

半襟は帯の色とあわせた青。柄も丸い実と鈴蘭で6月のイメージでまとめます。
f0164842_19335911.jpg

そして、足袋にも青を。着物には白足袋が一番似合うというのが私の持論ですが、雨の時期だけは別。白足袋に泥はねがつくと本当に画龍点睛を欠く装いになってしまうので、この時ばかりは柄足袋OKにします。
この足袋の名(商品名)は「べべ」。フランス語で「赤ちゃん」です。よーくみると
f0164842_19362754.jpg

ほら、赤ちゃんと青い小鳥がプリントされているんです。こうしてみると赤ちゃんも青い小鳥も「幸福」の象徴、「希望」そのものにしか思えないのだけれど…

その一方で「桜桃」の父の気持ちもわからないではない今日この頃。
人の気持ちはそんなに単純ではないのかもしれません。もう一度小説を読み直してみることにします♪

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-06-05 09:48 | 着物 | Trackback | Comments(0)
今日は二十四節気の小満(しょうまん)です。
「春に蒔いた麦の穂が実りすこし満ちてきた」
というのが小満のもともとの意味でしたが、そこから次第にすべてのものが満ち始めてきた時期をさす言葉として使われるようになりました。
f0164842_1545460.jpg

立夏を過ぎると夏日になることもあるので、気分も軽やかになる単衣(裏地のついていない一枚で仕立てた着物)に袖を通したくなる季節です。

現在の着物の暦では6月1日が衣替えとなっていますが、明治以前の衣替えは立夏から単衣の解禁だったそうです。
この着物の藤柄を気に入って骨董市で購入したのですが、当時は旧暦の衣替えを知らなくて、
「藤」は関東近辺では4月末から5月上旬で終わってしまう…
「うーん、なぜ単なのに藤の柄???いつ着ればいいの?」
となかなか出番がなく悩んでいましたが、立夏を過ぎたら着ていいんだとわかり気持ちスッキリ。

しかもこの着物の青い縦縞。これはまさしく「雨」。
f0164842_15494879.jpg

「五月雨」の雨に藤が濡れる風情です。

小満は旧暦でいえばまだ卯月のはじめ、睦月・如月・弥生の春を終えて、ようやく夏に入った頃、ということになります。
f0164842_15453654.jpg

「答えは自分の中にある」手帳セラピーよろしく、「柄の答えは着物の中にある(※自然と調和して生きていた時代のアンティーク着物に限る)」のですね~。
f0164842_16162520.jpg

足元は、コルクの台に畳表の「常履き(つらばき)」といわれる畳表のなかでもカジュアルなものをセレクトしました。鼻緒の可愛らしさにひかれてオーダーしたお気に入りです。(京都の「やや」さんで鼻緒3500円、台20000円くらい)
f0164842_160412.jpg

半襟は柳揚という縦シボのある縮緬に藤と流水の刺繍。藤は池の上などに藤棚を作って鑑賞されることが多いので「水」のモチーフと一緒になっていることが多いです。
亀戸天神の藤棚は有名ですね。

さあ、これでコーディネートのできあがり。
着物の楽しみは寄りでみて美しく、引きで見て一枚の絵になる、この遠近両用を愛でる楽しみがあります。
ひとりでも多くの方に近くで、遠くでこのコーディネートの楽しさを味わっていただきたいと思い最近着まくっています。
講座で、カフェで、ワークショップでお会いしましょうね!

072.gif着物…一越縮緬の単 藤に五月雨柄
072.gif帯……塩瀬に刺繍 流水に菖蒲 
072.gif半襟…柳揚縮緬 藤に流水

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-05-21 14:46 | 着物 | Trackback(1) | Comments(0)
最近、いつにもまして着物の手入れがマイブームです。

日曜日はお天気も良かったので、ずーっとやってみたかった
ふのり(布海苔)
での糊付けをやってみました。

お手入れに使う布海苔はお味噌汁に入れる海藻の白いバージョンです。
「どこで入手できるんだろう?」
と思っていたら、インターネットで販売している新潟のお店を発見!
「便利〜」
と、さっそく取り寄せてみました。
f0164842_1227980.jpg

白い方が取り寄せた糊付け用、紫色の方が近所の自然食屋で購入した食用。並べてみると色の違いがよくわかりますね。

まずは糊づくり。
ちぎったふのりを水でふやかし、鍋を火にかけ煮とかします。
見た目は寒天を溶かした感じ…続く

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-05-14 22:27 | 着物 | Trackback | Comments(0)
ゴールデンウィーク中に取り組んだ単衣の季節に着る絽の長襦袢のお手入れの報告です。

骨董市で5000円で手に入れた長襦袢の袖幅が長かったので、自分で直すことに。

裁縫は苦手ですが、
着物を着るなら針仕事を避けてはいけないと頑張りました。
f0164842_20512233.jpg

写真左下に見えるのは便利手芸グッズ
●アイロン定規
アイロンをかけながら縫い代の分量を計ることができるので超便利!

パンツの裾あげとかにも活用できそうでオススメです♪

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-05-09 20:49 | 着物 | Trackback | Comments(2)
ゴールデンウィーク中に手洗いした絽の長襦袢にアイロンをかけて仕上げました!
f0164842_2157845.jpg

単衣(ひとえ)の時期が待ち遠しいです♪

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-05-08 21:56 | 着物 | Trackback | Comments(2)
今日は5月5日、「立夏(りっか)」・端午の節句(新暦)、そして旧暦の月替わり日です。 
f0164842_1247163.jpg
 
今日のコーディネートです!

More
[PR]
by migumeutosa | 2012-05-05 11:06 | 着物 | Trackback(1) | Comments(2)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
手帳
新月のお願い
着物
事務局からのお知らせ
手帳セラピー公式手帳
質問&回答
□一日一緑カード

最新の記事

170429 新暦4月のふり..
at 2017-04-29 20:47
170425 「新月のお願い..
at 2017-04-25 19:43
170423 第18週の手帳..
at 2017-04-23 00:00
【事務局より】5月開催ワーク..
at 2017-04-19 10:00
【事務局より】動画の画質変更方法
at 2017-04-17 10:50

最新のコメント

みけさん はじめまして!..
by migumeutosa at 23:52
手帳の本読みました。実践..
by みけ at 17:59
みきてぃさん 鍵つきコメ..
by migumeutosa at 22:11
ゆうきさん 初参加でも楽..
by migumeutosa at 22:09
きっちんさん 少しの変化..
by migumeutosa at 22:07
ワークショップ参加させて..
by ゆうき at 23:31
昨日も楽しい時間をありが..
by きっちん at 21:48
くまはちさん さっそくの..
by migumeutosa at 18:13
ワークショップ、楽しかっ..
by くまはち at 20:08
有希さん おめでとうコメ..
by migumeutosa at 23:03

以前の記事

2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

記事ランキング