ブログトップ


手帳セラピスト
さとうめぐみ

暦に親しみ、自然と時間に調和していくまったく新しい手帳術「手帳セラピー」を広めるべく活動中。詳細はこちら

【重要】手帳セラピーに関するブログでの質問につきまして


オフィシャルサイト

メルマガ

GRANESSコラボグッズ

オフィシャルサイトお問い合わせページへ

New!幸せな人がこっそりやっている手帳の書き方
 
幸せおとりよせ手帳2017
 
1年で100個の願いを叶える
 
たった1行ですべてが叶う 手帳の魔法(文庫版)
 
幸せおとりよせ手帳2016
 

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 8月1日  19:13 新月を迎えます。今回は獅子座の新月で、しかも前回お伝えしたように8月は31日4:58に乙女座の新月がまためぐってくる、一ヶ月に2回新月が起こる特別な月。
さらに、8月1日は今年2回めの日蝕(しかも皆既日蝕だ~!)とも重なっています!
 とにかく天体的には大きな動きのある月なんですよ。

 まずはいつものように「新月のお願い」の例文から。

 獅子座は自信や運命を切り拓いていく強い自己を司ります。
 創造力、寛大さ、尊厳、決断力、祝福・遊びを支配します。
 また、愛とロマンス、不屈の意思、プライドや傲慢さといった面も持ちます。
 身体面では背中・背骨、炎症、憔悴、熱に弱いことに関する健康を促進する
 ことを願うといいでしょう。
 獅子座の新月に叶いやすい願いは次のようなものです。

 〔願い事の例〕
・私は新たな恋の相手と健全で幸せなつきあいを始めています。
・私は○○との関係をごく自然に楽しい恋愛へと発展させています。
・私には○○に関する独創的なアイデアがどんどん湧いてきます。
・私は周囲からの評価を意識せず自由に創造力を発揮しています。
・私は○○(名前)に対して寛大になっています。
・私は大切な人に愛を与え寛大に支えることができています。
・私は人生を積極的に楽しんでいます。
・私は参加者全員が楽しくなるような企画を思いついています。
・私は日々の暮らしの中に楽しいことをたくさん発見しています。
・私は威厳のある幸福のオーラを発しています。
・私は何をするにもゆるぎない自信を持って取り組むことができます。
・私はハートや個性の輝きを表面に現しています。
・私は計画を諦めない強い意志を持っています。
・私は目標を達成するまで頑張り続ける精神力とスタミナを持っています。
・私は結果が出るまで諦めずやりつづける強い意志を持っています。
・私はもっと集中力を高めています。
・私はあらゆる傲慢さを手放します。
・私は相手と比べて優越感や劣等感に浸る癖を手放します。
・私は自分のためにならない自己中心やわがままを無理なく手放します。

 そして「日蝕」とは毎年訪れる新月の月に太陽が約半年に一度隠されて起こる現象のこと。太陽の磁力をさえぎる月のパワーは非常に強く、地球の磁場を破って地上にそのエネルギーが届くという特別な新月なのです。
 今回の「皆既日蝕」は西洋占星術師ジャンスピラーさんによると「あなたが健全な形で自分をもっと主張できるように後押ししている」日蝕だとのこと。自分の心の欲求の声を聞き、かつ他人に自分の考えを押し付けることなく自分らしさを確立する気持ちで過ごすと良いようです。
 手帳術で自分のワクワクを上手に拾い上げている皆さんなら、少しの気づきでさらなる人格成長が望めると思います!
 今月もお願いをまっすぐな気持ちで手帳に書いてくださいね!

追記 8月1日8時18分
 アーユルヴェーダのマハリシ南青山クリニックの蓮村誠先生からのアドバイスとして、リュードリューの龍さんからアーユルヴェーダ的注意事項をおしえていただきました。とてもパワーが強い日蝕なので17時4分から21時28分までの間は以下のことをできるかぎりまもってくださいとのことです。

1、日蝕を絶対に見てはいけません。(曇りでよかった~)
2、1日17時4分を過ぎたら外出はしません。窓やカーテンを閉め、屋内に留まり、瞑想して下さい。
3、飲食をしません。水も飲みません。
4、時間が過ぎたらシャワーで身を清めること。


※アーユルヴェーダは天体が大きく人体に影響を与えると考えるインドの古典医学です。
私は自分に合うので活用していますが、ピンと来ない方は気にしないでOKです。
[PR]
by migumeutosa | 2008-07-30 22:08 | 着物 | Trackback | Comments(0)
f0164842_016441.jpg

今日7月22日は「大暑(たいしょ)」です。
小暑からこの大暑までが「暑中」で暑中お見舞いをしたためる時期です。大暑をすぎて立秋までが「残暑」になり、残暑お見舞いを書く時期となります。

大暑はその名の通り一年で最も暑い時期。ちょうど夏の土用と重なるので夏バテ防止に鰻を食べたりする風習が残っていますね。
あまり知られていないかもしれませんが、この「土用」は季節の移行期にあたるので体調を崩しやすいのだとか。風水などでは「夏の土用に土いじりをするな」といって庭や畑を掘り返すことを禁じています。土いじりは力を使うし、大暑の直射日光の下ではエネルギー消耗が激しいからなのでしょうね。昔からの謂れは理にかなっています。

さてあまりに暑いので、今回のコーディネートは夏の風物詩・怪談の趣にしてみました。
ちょっとオドロオドロしい赤の絽の着物に描かれているのは酸漿(ほおずき)です。

酸漿といえば7月7月9日10日の浅草・浅草寺で開かれるほおずき市が有名です。江戸時代から続くこの市には毎年60万人を超す人出があるそうですが、なぜに人々はこの時期に鉢植えの酸漿を求めるのか?
それはお盆の精霊棚(盆棚)に酸漿を飾る慣わしがあるからです。7月上旬にほおずき市で求めた若い酸漿がお盆の頃には赤く熟します。赤い薄い皮の中に透けて見える真ん丸の赤い球を灯に見立て、この酸漿を死者(ご先祖様)を迎える盆提灯としたのでした。
酸漿はきゅうりや茄子で作る馬と同様、お盆には欠かせないものなのです。そんな謂れからか酸漿は「鬼灯」とも書きます。「鬼」とは「この世のものでないもの」つまり死者の霊を表しています。

着物に描かれた青い酸漿はまだ熟していないもの、黄色い酸漿は熟しかけ、そして描かれていない完熟の酸漿の色=赤が着物の地色。昔の人はよ~く植物を観察していたのだなあ、と関心させられます。

子どものころ、酸漿の実から上手に種を取り出て口に含んで無邪気にぶーぶー鳴らして遊んだことが思い出されますが、これをやると「はしたない」と咎められることがしばしば。どうやら酸漿を鳴らすのは玄人の女性がすること、とされていたようでした。
酸漿には堕胎作用があるため、色街の縁側には必ず鉢が置かれていたということを後に知って納得。浅草でほおずき市が盛大に開かれるのも、浅草寺の後ろには吉原が控えているからだ、と合点が行きます。
泉鏡花の小説にその名もズバリ「酸漿」というとてもグロテスクな短編がありますが、それも色街近くの蕎麦屋が舞台になっていました。今読むと?な描写が多い鏡花作品ですが、当時の人が読めば誰でもわかることだったのでしょう、着物同様戦後そういったものが分断され伝えられなくなってしまったことをとても残念に思います。たとえそれが闇の世界のことだとしても。

今回のコーディネートの肝は帯留め。貝細工の骸骨です。骸骨はちょっと薄気味悪いと思われるかもしれませんが、新撰組の土方歳三が自分のトレードマークにしていたことでも知られるように、「毒には毒をもって、魔には魔をもって制す」という意味で、昔は自分以上の力を発揮するためのお守りと考えられていました。
洒落た着物を着て、妙な男に惑わされないように、魔よけの帯留めをあしらってみました。
直径3センチほどの小ささなのに見事な彫り、ちゃんとこめかみのところが陥没している貝を使っているんですよ。

そして帯は竪絽という珍しい夏の織り方の生地で仕立てた「二部式帯」です。胴体部分を巻き付け、あとは好きな形につくったタレ部分を背負うだけ。5分で装着完了なので暑い夏にはぴったりです。
隅田川の河原の草むらからしゃれこうべ(骸骨)が出てきて、驚いた鳥が飛び立つ…そんな鳥肌が立つようなオドロオドロしい情景も夏なら良いかと。

暑いから、帯枕を使わない「角だし(銀座結び)」で涼しげに。ちょうど鬼灯の「鬼」と「角(つの)」をかけて粋に装いました。
古布でつくったお細工ものの酸漿をあしらって、「色街に憧れる小娘」風コーディネートの出来上がりです。

072.gif着物…平絽 酸漿柄着物
072.gif帯…  竪絽 露芝に鳥柄 二部式帯
072.gif帯留…白貝 骸骨
f0164842_017761.jpg
f0164842_0172977.jpg
f0164842_018044.jpg
f0164842_0182049.jpg
f0164842_0184779.jpg
f0164842_0191050.jpg

[PR]
by migumeutosa | 2008-07-23 00:20 | 手帳 | Trackback | Comments(3)
7月18日の16:59に満月になります。
満月にお財布を振ると臨時収入065.gifが入るというカンタンでよく効くおまじないがあるのでご紹介いたしますね。効果抜群ですよ。

①お財布にお金は入っていなくてもいいが、クレジットカードや領収書、パスモ、スイカなど、 「使うのに関するもの」は抜く
②外気に晒しながらお財布を振る
 雨や曇りでもエネルギーの気は満ちているので大丈夫
③振りながら「今月も臨時収入がありました。ありがとうございます。」と過去形で言う

このブログで「満月のお財布ふりふり」をご紹介してから、「スゴイ効く!」と好評をいただいてます。

私は前回お財布振ってからヤフーオークションに着物を出品したところ、うなぎのぼりに値段がつき臨時収入ゲットしました。おまけに着物好きな方とも新たに知り合えて、素敵なご縁までゲットできました♪
みなさんも、臨時収入や臨時収穫あったはぜひご報告してくださいね☆その気になった人のほうが効き目があるようですよ。
[PR]
by migumeutosa | 2008-07-16 22:00 | 着物 | Trackback | Comments(2)
浴衣美人セミナーのご案内

昨年より開講し好評をいただいているリュードリュー主催の8月5日(火)の着物講座の単発参加希望者を若干名募集いたします。
参加の条件は、浴衣はなんとか着られるが、半幅帯がうまく結べない…
それでも"今年は絶対に浴衣を着たい!"という気持ちをお持ちの方です。

今回のテーマは「浴衣を夏着物に格上げする秘密」。
帯結びは初心者でも簡単に結べる半幅帯の結び方、そして名古屋帯を使った「銀座結び」という粋で涼しげな結び方をダブルでご紹介いたします。
そして、シーズンオフに向けてお家で手軽にできる浴衣と下駄のお手入れ方法もお教えいたします。
この機会に大人の浴衣の着こなしを楽しんでみませんか?

今回も下駄をお持ちいただくとそのまま浴衣姿でお帰りいたただけますので、
講座終了後は浴衣姿で夜の散策も可能です。
手持ちのものを活かしつつ、今年風に着こなしたいという方には
講座中にコーディネートのご相談も承りますので、どうぞお気軽にご参加ください!

詳しくはリュードリューのホームページをごらんくださいね。
http://www.ruederyu.com/news/seminar.html
f0164842_2155285.jpg


私が着ている浴衣は竹久夢二の図案を復刻した反物から仕立てたものです。身長が低い分余った生地を袖にまわしてもらって「振袖浴衣」にしてみました。(着姿、バッチリ「裾すぼまり」に着あがっていますね)

通常の浴衣の袖丈は49センチ、「振袖浴衣」は65センチあります。戦前の夏の着物の袖丈はどれも長かったのですよ。なぜなら袖が長めのほうが身八ツ口から風が入って涼しいから。
浴衣はお仕立て代8000円くらいから頼めるので着物デビューにはもってこい!
自分サイズ、自分デザインの楽しみ方もご相談に乗りますので、ぜひ講座においでくださいませ☆
[PR]
by migumeutosa | 2008-07-16 21:39 | Trackback | Comments(3)
 お待たせしました!すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
7月12日より渋谷・東急BEにて「さとうめぐみのハッピー☆手帳セラピー」下半期編 を開講いたします。 これまで手帳術講座に出ていただいた方から「手帳術が習慣化するまで定期的に講座を開いてほしい!」とのリクエストを受けて生まれた講座です。
 今までの全3回の講座にあわせてこの3回を受けていただくことで、ほぼ完全に私の手帳術のノウハウをお伝えできる内容を練ってみました!
 特に三回目の秋分の日バージョンのドリームマップは、抜群のタイミングの日に開講できて私が喜んでいるくらいなんです☆
 当日申し込みも受け付けますので、中だるみにお悩みの方やさらなる手帳術を!という方、ぜひなさってくださいませ!もちろん、手帳術は初めてと言う方のお申し込みも大歓迎です。

以下PRチラシの文章です↓

 早いもので今年ももうすぐ折り返し地点です。年初に思い描いた目標や夢に確実に近づいていますか?もし足踏み状態を気にしているようなら、今から残り半年を有効に活用すればいいのです!お手持ちの手帳をカスタマイズし、「夢への羅針盤」にして、夢への一歩を踏み出してみませんか?書いて眺めて潜在意識を顕在化させる手帳術で、夢をぐぐっと引き寄せる楽しさを味わってみてください。「夢を思い描くために手帳を使い、夢を実現するために手帳を使う」そんな楽しい実用講座です。すでに「手帳セラピー」を受講してくださっている方はもちろん、はじめての方も大歓迎です。自分の中にある「ワクワク」に気づけば夢は倍速で叶います!

7 / 12 夢を実現させる月間予定表の作成
8 / 9 手帳カスタマイズのアイディアいろいろ
9 /13  夢を叶える「ドリーム☆マップ」の作成(秋分の日バージョン)
全3回 8900円

お申し込み・詳細は東急BEのHPをごらんくださいませ。
http://www.tokyu-be.jp/seminar/2008070001DR60001.html
f0164842_11553696.jpg

[PR]
by migumeutosa | 2008-07-06 11:49 | Trackback | Comments(3)
f0164842_1059586.jpg
 
明日7月7日は小暑(しょうしょ)。明日から7月22日の大暑(たいしょ)までが「暑中」です。お中元・暑中見舞いの時期ですね。

 さて今年の小暑は「七夕」と重なっています。
七夕といえば中国の伝説で、愛し合っている男女「彦星(中国名=牽牛)」と「織姫(織女)」が引き離され、年に一度7月7日だけ天の川にかかる橋の上で逢うことができる…という言わずと知れたロマンチックなお話ですが、なぜこの二人が引き離されてしまったかご存知でしょうか?
 
 実は「織姫」は天帝(天の神)の娘でとても機織の上手な働き者でした。父である天帝が婿にと選んだ「彦星」も牛飼いとして日々汗を流す働き者。ところがこの二人、結婚してからというもの毎日楽しく遊び暮らすようになってしまい、怒った天帝は二人を天の川の両岸に引き離し、一年に一度しか逢えないようにした、というのです。

 なにもそこまでしなくても…日本はちょうど梅雨の時期だから雨057.gifになることが多くていっそうかわいそう…と思いますが、 実際中国では黄河の流域でこの時期だけ川の水が退いて川岸同士が陸続きになり、婚姻関係を結ぶ地方があるそうで、その地域の風習を教育的にロマンチックに寓話化したのが七夕伝説だったのでしょう。

 この伝説が日本に入る前の『古事記』にはすでに「棚機女(たなばたつめ)」の神話が語られています。「棚機女」とは神様のために水辺で美しい織物を織り、笹竹(依り代)で作った棚に備えて天から神の降臨を待ち、その神様と一夜だけ結ばれることで村全体のケガレを払う役目を負った乙女のことです。この「たなばたつめ」神話と7月7日の「七夕」伝説が混同して「七夕(なのかのゆう)」を「たなばた」と呼ぶようになったのです。
 

 そんな伝説に合わせたコーディネートは100パーセント「天の川」!しかも1920年代~30年代のアールデコで統一してみました。
 どうみても「帯と着物は一緒に買ったでしょ?」と思えますが、帯を購入したのは7年くらい前。ひとめ見て「七夕の帯だ!しかも竪絽はほぼ絶滅した織り方だから貴重品」と思い購入。あまりに個性の強い帯でしかも大人っぽい雰囲気なので合わせる着物が難しい…
 そして月日は流れつい先月、銀座のデパートの骨董の催事で処分品価格だったこの着物に目がとまり、織姫彦星どころか7年越しのコーディネートが完成したのでした。

 お値段が安かった分、裾に小穴を発見、すぐに袖の丸みのあまり布で裏打ちし補強、ついでに「きらめく星屑」のイメージで適当にビーズ刺繍をしてみました。
 コーディネートは値段ではない、イメージして楽しんで物語を作ること、それが現代版「織姫」の賢さです。

 色味は涼しげな青で統一してみましたが、女の子ですものやっぱり「赤」が欲しい!「七夕」伝説にちなんで、赤い糸が巻かれた糸車の根付をあしらってみました。
 この糸車、鎌倉は長谷の御霊神社の縁結びのお守りなんです。万葉集の東歌の中に詠われた二首、
「ま愛(かな)しみ さ寝に吾(あ)は行く 鎌倉の 美奈の瀬河に潮満つなむか」(美奈の瀬河=現在の稲瀬川)
「鎌倉の 見越ケ崎の 岩崩(いわく)えの 君が悔ゆべき 心は持たじ」(見越ケ崎=現在の御越ケ岳)
物理的に離れていても心はしっかりとつながっている、という恋歌にちなみ女性が持つお守りには赤い糸が、男性が持つお守りの糸車には黄色い糸が巻かれています。
ここは隠れた縁結びのご利益がある神社で、詣でて半年で彼ができた友人がいますよ053.gif

というわけで、6年越しで「七夕伝説と糸車の縁をたどった縁結び」というぴったりなコーディネートができました♪思いを強く持てばきっと思いにふさわしいものが手に入るのです。多少時間はかかろうとも…待ちましょう、運命の出会いを053.gif
072.gif着物  平絽地 水玉アールデコ柄 着物
072.gif帯    竪絽地 流水に水玉 
072.gif帯揚げ 絽縮緬地 薄黄緑色水玉
072.gif帯留  スモーキークオーツの帯留
072.gif根付  鎌倉長谷御霊神社の縁結びの糸車
f0164842_1103044.jpg
f0164842_1105883.jpg
f0164842_1111976.jpg

f0164842_1114090.jpg

    
毎月第2火曜日19時表参道にてリュードリュー主催の着物講座開催しています。
コーディネートから着付けのコツまで盛りだくさんの2時間です。ご興味ある方は以下のURLをクリックし「ニュース」をごらんくださいませ。
http://www.ruederyu.com/news/seminar.html
[PR]
by migumeutosa | 2008-07-06 11:09 | 手帳 | Trackback | Comments(7)
 明日7月3日 11:19新月になります。今月は蟹座の新月ですが、今月は特別ですよ~
なぜなら来月8月はひと月に新月が2回ある特別な新月なのです!(一回目8月1日19時13分獅子座・二回目は8月31日4時58分乙女座)
そんなダブルの強力な力を持つ新月を一ヶ月後に控えた今月はアファメーションの勘をつかむのにぴったりなはず!初めての方もぜひ試してみてくださいね♪

 今回の新月は蟹座です。蟹座は母性や家庭、家族を司る星座で、安定、成長、育成、親密さや慈愛、やさしさ、いたわりを支配します。
 また、経済的な安定や、新たな成長を見守る、といった面のバックアップもしてくれます。
 以下の願いの例文を参考に手帳にアファメーションを書いてみましょう!。
※新月に入ってから8時間以内に書くのが一番効果的ですが48時間以内なら効き目は有効のようです。

 〔願い事の例〕
・私は家族(○○)と心を通わせて幸せな家庭を維持しています。
・私はいつでも安心感につつまれています。
・私は大いなる存在に護られていることを心から信じています。
・私は安心して満足に満ちた生活を送るのに十分な経済力を持っています。
・私はすぐに感情的になってしまう癖を完全に手放し穏やかになっています。
・私はありのままの自分が皆に受け入れられていれることを実感しています。
・私は自分の不安から他人に依存したくなる気持ちを完全に克服しました。
・私は健康な(食)生活を維持し続けています。
・私は大切な人(○○さん)との親密な関係を健全に築いています。
・私は両親(家族)と互いにいたわりあう心の交流ができています。
 これを参考に、あなたのアファメーション・リストを作ってみましょう。毎月手帳にアファメーションを綴っていくことで、自分の内側にある願い事に気づく、このことは「本来の自分」を立ち上げる大切な作業だと思います☆

みなさんの願いが叶いますように!
次の新月は8月1日19時13分 獅子座です。
[PR]
by migumeutosa | 2008-07-02 18:27 | 着物 | Trackback | Comments(2)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
手帳
新月のお願い
着物
事務局からのお知らせ
手帳セラピー公式手帳
質問&回答
□一日一緑カード

最新の記事

【事務局より】ワークショップ..
at 2017-09-25 15:41
170924 第40週の手帳..
at 2017-09-24 00:00
【事務局より】ワークショップ..
at 2017-09-22 15:16
170919 「新月のお願い..
at 2017-09-19 00:00
190917 第39週の手帳..
at 2017-09-17 00:00

最新のコメント

翔瑛さん なつかしい記..
by migumeutosa at 22:20
有望さん おひさしぶりで..
by migumeutosa at 11:31
本物の舞妓さん赤い着物を..
by 翔瑛 at 17:58
お久しぶりです。先生はお..
by 有希 at 23:02
みけさん はじめまして!..
by migumeutosa at 23:52
手帳の本読みました。実践..
by みけ at 17:59
みきてぃさん 鍵つきコメ..
by migumeutosa at 22:11
ゆうきさん 初参加でも楽..
by migumeutosa at 22:09
きっちんさん 少しの変化..
by migumeutosa at 22:07
ワークショップ参加させて..
by ゆうき at 23:31

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

検索

記事ランキング