ブログトップ


手帳セラピスト
さとうめぐみ

暦に親しみ、自然と時間に調和していくまったく新しい手帳術「手帳セラピー」を広めるべく活動中。詳細はこちら

【重要】手帳セラピーに関するブログでの質問につきまして


オフィシャルサイト

メルマガ

GRANESSコラボグッズ

オフィシャルサイトお問い合わせページへ

New!幸せおとりよせ手帳2018
 
幸せな人がこっそりやっている手帳の書き方
 
幸せおとりよせ手帳2017
 
1年で100個の願いを叶える
 
たった1行ですべてが叶う 手帳の魔法(文庫版)
 

カテゴリ:着物( 98 )

お盆休み、みなさんいかがお過ごしですか?
こう暑いと自宅でゆっくり…が、ベストな気がします。


f0164842_09345951.jpg
気づいたら金駒刺繍が取れていたので、
自分で修復してみました。
f0164842_09361344.jpg

修復後
金駒刺繍の浮きをかがって押さえました☆
f0164842_09370351.jpg

来年またすぐに〆られる準備完了!
巡る季節に感謝を込めて。

さとうめぐみ




[PR]
by migumeutosa | 2018-08-15 09:32 | 着物 | Trackback | Comments(0)
旧暦、新暦、月遅れ…とさまざまな暦の解釈があるので、どれに従っていいのかわからない時は、気持ちで動く!(笑)
今年は何回茅の輪くぐりをしたのかしら(笑)

旧暦では昨日8月10日が六月晦日で、上半期の最終日でした。
f0164842_10262977.jpg
疫神社の神々しい光に歓迎されて。
f0164842_10265826.jpg
アンティークの反物から仕立てた小千谷ちぢみで参拝。
暑かったけれど上半期の感謝を伝えて気持ちスッキリでした177.png

さとうめぐみ



[PR]
by migumeutosa | 2018-08-11 11:11 | 着物 | Trackback | Comments(0)
今日は新暦の七夕。
関西方面は大雨で大変な災害になっているようで、みなさまのご無事と復興をお祈りする七夕となりました。

本当の七夕(旧暦七月七日)は8月17日。

晴れていれば、上弦の月🌓(半月)が夜空に昇り、天の河を船のように渡っていくのが見られます。
その月の船に織姫に逢いに行く彦星が乗っていると昔から言われていました。

七夕伝説と天文学、一致しているんですよ💕
8月のその頃はだいたいお天気も良い気候。新暦での七夕は無理があるんですね…。

今日は世間一般の「七夕」を楽しんで、大切な人たちとは本当の七夕を楽しめたら素敵ですね✨
そして、今日大変な思いをしている方も本当の七夕には落ち着いた毎日が戻ること願います。

さて、最近「七夕」は
サマーバレンタインデー💝
と洒落た言い方もされるようで…

ちょうど、自前さんになる芸妓さんへのお祝いの誂えお草履が出来上がってきたので、
サマーバレンタインデー🎁
しました。
f0164842_22311594.jpg

水色の三段の台に、白い鼻緒。
赤い前ツボが祇園風です。
f0164842_22312705.jpg

自分では履かないスッキリした感じに仕上がって、さしあげる幸せ満喫しました!

さとうめぐみ



[PR]
by migumeutosa | 2018-07-07 22:25 | 着物 | Trackback | Comments(0)
昨日、とても嬉しいニュースが飛び込んできました173.png

ながらく闘病、リハビリに励んでいた
中村福助丈が9月の大歌舞伎で復帰する
との朗報❢

彼がまだ児太郎を名乗っていた時代に学生の身分で後援会に入るくらい好きだったので本当に嬉しいです。

彼が八ツ橋に挑戦した時の奮闘ぶりは素晴らしかった…。
コクーン歌舞伎のお嬢吉三が欄間から降りてくる場面なんて「時分の花」そのものでしたよ…。

いずれは大名跡 中村歌右衛門(七世)を襲名する運命、ずっと応援しています。

中村歌右衛門、といえば…

先日京都に行った折、
六世中村歌右衛門の手描きの帯
という珍品を入手しました。

白地の絽塩瀬に蛍・撫子・鉄線
が描かれたなんとも「粋(すい)」な帯。
f0164842_14083823.jpg

歌舞伎にも詳しい岐阜の幇間・鳳川喜久次さんに会うためにこの帯を〆て行ったところ

「あら、歌右衛門さんが藤の花以外を描くのは珍しい、大事にしてね」

と教えてもらいました。

六世の本名が雄さんだからだ❣
と納得。

手描きの一発勝負で帯に絵を描くって相当な日本画のお稽古を積んでいる証拠。
昔の役者さんってすごい。

最晩年の舞台を観られたことは幸せでした。

さてこんな面白い掘り出し物があるのは
京都・茶山にあるアンティーク屋さん

正尚堂(せいしょうどう)
f0164842_14081623.jpg

毎月21日の弘法さん・25日の天神さんの骨董市で知り合って、15年来のお付き合い。

センスの良い骨董の入門書でも紹介されているお店です。
f0164842_14101627.jpg
↓この棚まるごと欲しい113.png
f0164842_14113662.jpg


恒例の骨董市の露店のテントから掘り出すのもエキサイティングで楽しいのですが、
茶山の店舗ならゆっくり品物を見せてもらうことができます。

この時の着物も数年前に弘法さんの時に購入したものです。
単衣の時期が短いせいもあって数年寝かせてしまいましたが💦やっと袖を通せて良かった

177.png銀通しに薔薇と竹柄の単衣
177.png紋錦紗地藤柄染め帯

f0164842_14090474.jpg

古民家にステンドグラス…

ここに住みた〜い162.png

と思うくらい素敵な空間なので、
京都で着物やアンティーク雑貨を見てみたい方はどうぞ一度訪ねてみてくださいね。

古い物・時代のある物を次の誰かへ繋いでいく…
歌舞伎もアンティーク屋さんも素敵だなぁ173.png

拙著『旧暦で楽しむ着物スタイル』(河出書房新社)
※サイン入り
も置いてもらっていま〜す。

【お店】
(せいしょうどう すごろくくうかん)

http://www.seisyodo.jp/

【住所】
〒606-8233 京都府京都市左京区田中北春菜町24

(叡電・茶山駅から京都造形芸術大学方向に歩いた右側。駅ホームから見えます。)

【電話】
075-724-0137


さとうめぐみ



[PR]
by migumeutosa | 2018-07-05 14:06 | 着物 | Trackback | Comments(0)
春分の今日、東京は雪が降りました。
旧暦では如月(2月)ですからね〜。
着物でのお出かけが、昨日で良かった!

昨日のコーディネートです。

黒地紬にミモザの刺繍の着物(写真にはミモザ写ってないかも)
チューリップの織り帯(川島製)
f0164842_15051520.jpg

そして、時期が合わなくてずっーとお蔵入りしていた水仙の長羽織。

アールヌーボーと和の融合
f0164842_15074487.jpg

今年は手帳を活用してお蔵入りしている着物にどんどん袖を通したいです!

さとうめぐみ



[PR]
by migumeutosa | 2018-03-21 15:01 | 着物 | Trackback | Comments(0)
今日は「京風きつけ」教室の今井茜先生によるヘアスタイル講座に行ってきました。
f0164842_23310742.jpg
私自身、アンティーク着物を好むことから着物の時のヘアスタイルに関しては断髪(毛・断=モダンガールの語源らしい)がいいかな、と思っている派なのですが、茜先生の御髪の美しさを見るとどうやってまとめているのか興味深々で、ひとりだけボブヘアで参加してきました。
f0164842_23332518.jpg
道具やプロセスなどとても明解。
簡単に美しくが成り立つことが2時間の講座でよくわかりました。

道行く人の「惜しい!」キモノヘアの理由もよくわかり、改善策も教わることができる実り多い講座でした。

今井茜先生の講座、オススメです!!

さとうめぐみ

[PR]
by migumeutosa | 2018-03-10 23:26 | 着物 | Trackback | Comments(0)
先日、京都きもの市場で開催された着付けのポイントレッスンに行ってきました!

着物の専門家じゃないの?
と言われるかもしれませんが、その理由は講師が
「京着つけ教室」主催

今井茜 先生
だから。

ずっと噂に聞いて憧れていた先生で、しかも京風の着つけのポイントの秘密を知りたかったから、参加して大正解でした。

関東風と京風の違いや、毎日着物を着る方ならではの工夫に目からうろこボロボロでした。

このInstagram風の手作りの枠、面白すぎます。
f0164842_23534813.jpg

しかも、着姿のビフォーアフターの写真までしっかり撮ってくださってチェックしてくれる丁寧さ。
f0164842_23535018.jpg

おみやげに『旧暦で楽しむ着物スタイル』をお渡ししたら、
今度お互いの着物をとりかえっこして撮影しましょう!
という話になりました!
ヘアアレンジの講座もなさる先生はモダンガール風に変身したいそうです。
とりかえっこ、変身って、なんだか子ども心に戻るようでワクワクする言葉!
f0164842_00002357.png
やっぱり憧れの人に会いに行くって、大事なことだと思えた素敵な一日でした。


さとうめぐみ


[PR]
by migumeutosa | 2018-01-27 23:39 | 着物 | Trackback | Comments(0)
「いつかは自分で浴衣や着物をさっと着られるようになりたい053.gif」         
と思いつつも、
「呉服屋さんは敷居が高いし、着付け教室もちょっと怖そう…057.gif」 
という初心者さん向けの楽しいお茶会です。

 さとうめぐみのコレクションを実際に手に取りながら、
憧れの浴衣や着物に一歩近づく時間を過ごしませんか?
f0164842_15242971.jpg

【申し込み専用アドレス】  info☆utosa.net(☆を@に変えて送信してください)

※手帳ワークショップとのお申込み先とは異なりますのでご注意ください。

  
□浴衣・着物に興味があるけれど、何からそろえたらいいかわからない

□実家の箪笥に眠っている着物や着付け用具を活用できるのか知りたい
□自分にぴったりの着物コーディネートの予算を知りたい
□素敵なアンティーク着物・手軽なリサイクル着物のことをもっと知りたい


などなど、参加者のみなさんの疑問・質問にお応えします。

麗らかな春の一日、美味しいお菓子067.gifとお茶063.gifを味わいながら、着物トークを楽しみましょう!

【日時】 4月16日(土) 13時~15時  
     ※お茶会後も16時まで試着や撮影会、ご相談OK

【料金】 3500円 (お茶と季節のお菓子がつきます)
     ※当日会場でお支払いください。
     ※ご友人同士の参加の場合、それぞれ500円分割引いたします。

【場所】 東京・渋谷の隠れ家サロン (最寄駅 幡ヶ谷駅)
      ※詳細・地図はお申込みの方にお伝えします。

【持ち物】   基本的には不要。
      ※実際に相談したいものがある場合は実物をお持ちください。

【服装】    普段着でOK。着物姿での来場も歓迎します。

☆当日のお楽しみ☆

072.gif試着用の着物…S・M・L各サイズ アンティーク・リサイクル・プレタ各種
072.gif試着用ウイッグ…ショートから姫ロングまで
072.gif着物雑誌(イメージング用)…たくさん

など、浴衣・着物体験セットをご用意しますので、気軽に試着を楽しむ気持ちで遊びにおいでください!

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2016-04-16 00:00 | 着物 | Trackback | Comments(0)
梅雨まっただ中でじめじめした日が続きますね~。
雨の日でもおしゃれは着物でも同じ。

でも、着物用の雨コートって茶道やってます、着付け教室の先生やってますって感じの落ち着いたものばかり。
あこがれは京都の舞妓さんの雨コート。
f0164842_1225769.jpg


この黒繻子(しゅす)の掛け襟がぐっとくるんですよ~(本当は首にぬった白粉から着物を守る役目)

でも、舞妓さんの着物は基本的にお引きずりにだらりの帯だから、ボリュームたっぷり。上の写真も着姿がもこもこ。
舞妓さんならそれもかわいいのだけれど、普通の着物の着方の命は
裾つぼまり
そこで舞妓さんの雨コートを参考に自分でデザインして京都の悉皆屋(しっかいや きものなんでも相談屋)に相談して、オリジナルの雨コートを仕立ててもらいました。
f0164842_122559.jpg

072.gif反物…東レシルック地(リサイクルの新品) 2000円
072.gif黒い繻子襟…お祭り専門店で発見 700円
072.gif仕立て代…14000円くらい(送料込み)
※防水・撥水加工をすると6000円くらいプラスされてしまうし、自宅で手洗いできるシルックという生地にしたので、自分で防水スプレー(高品質)をすることで節約しました。

というわけで、合計16700円というリーズナブルな金額で完成しました!
市販品の雨コートでも20000円くらいするので、これは破格!!

しか~し、じつはここまでにかかった年月は3年…。
反物の入手は「欲しいものリスト」で簡単に安くゲット、デザインはすらすら思い浮かんでも、悉皆屋さんに連絡をとって発注するまでの気力と時間が整うまでが長かった…
「好きなことなのに、なかなか形にできない」
みなさんもそういうこと、ありませんか?

一念発起した理由は
年齢(笑)
さすがにあまりに年齢がいっちゃうとイタいかなとおもって、気力を振り絞りました。
(とはいえ、41歳ですけど~)
お気に入りの一枚ができて、雨の日のワークショップも着物でGO!
f0164842_122565.jpg

ワークショップ後、奇跡的に開いていた大井町の喫茶店でゆっくりコーヒーを飲んで、満足2倍の雨の日でした~

明日につづく

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2014-06-24 11:56 | 着物 | Trackback | Comments(0)
先日仕事の合間に、弥生美術館での着物の展示のご報告に銀座灯屋2に行ってきました!

店長の葉子さんと記念撮影。
f0164842_23382225.jpg

葉子さんは織の着物(紬)にアジアの布の帯、わたしは錦紗縮緬の単衣に秋草が刺繍してある単衣帯です。
お互いの趣味がもろに出ているのですが、着物好きの好奇心でお互いに相手の着ているものがうらやましく
「取り替えっこして着てみたいね」
と大爆笑のワンシーンです。

葉子さんとはもう10年以上のおつきあい。布の味わいや世界各地の布と着物の素敵な関係を教えてもらってきました。
おりしも会場は秋の催事中。灯屋の工房で手塩にかけて新しい命を吹き込まれた帯や着物がたくさんならんでいました。

ここにならぶ品物を見ていると、
「40代になったら…50代になったら…60代になったらこういう装いをしよう!」
と、イメージが広がって歳を重ねていくことが楽しみになります。
30代ではまだまだ着こなせない着物や帯がたくさんあるんです!

わずか30分ほどだったけれど立ち寄れたおかげでとてもリラックスできて、次の仕事もうまくいきました。
まさにパワースポットです。

さとうめぐみ
[PR]
by migumeutosa | 2012-10-16 23:36 | 着物 | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記
手帳
新月のお願い
着物
事務局からのお知らせ
手帳セラピー公式手帳
質問&回答
□一日一緑カード

最新の記事

180817 今日は本当の..
at 2018-08-17 12:03
180816 8月花名刺は..
at 2018-08-16 16:27
180815 夏帯の刺繍を..
at 2018-08-15 09:32
180811 本当の「夏越の..
at 2018-08-11 11:11
180810 「新月のお願い..
at 2018-08-10 10:59

最新のコメント

有希さん 連続コメント..
by migumeutosa at 14:43
有希さん お返事遅くな..
by migumeutosa at 14:41
連続投稿、失礼します。 ..
by 有希 at 22:57
お世話になっております。..
by 有希 at 22:55
しじみさん グランデ、気..
by migumeutosa at 16:59
岐阜でお世話になったしじ..
by しじみ at 22:59
> 有希さん こんばん..
by migumeutosa at 22:26
新月のお願いの書き方につ..
by 有希 at 21:58
くまはちさん お月見報告..
by migumeutosa at 22:40
十三夜のお月見..
by くまはち at 21:40

以前の記事

2018年 12月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

記事ランキング